目指せ、民間の外交官!英語を使ったおもてなし、通訳案内士に挑戦してみよう!

●通訳案内士とは
通訳案内士は、外国人旅行者に外国語で旅行に関する案内ができる国家資格です。外国語の知識だけではなく、日本の歴史、地理、産業、経済、政治、文化などを外国語で説明できる必要があります。そのため試験は、外国語、地理、歴史、一般常識の筆記試験と、外国語での口述試験と盛りだくさん。平成28年度の英語の合格率は23.8%という難しい試験ですが、東京オリンピックを控えて需要は高まりそうです。難関ですがチャレンジしてみてはどうでしょうか?試験はちょっと…という人も、試験勉強をかじってみるとおもしろいですよ。日本について、いざ説明しようとすると、意外に説明できないものも多いはず。勉強することで、日本について見直す、いいきっかけになるかもしれませんよ。

●勉強方法について
お金をかけなくても通訳案内士の勉強は可能です。なんとハロー通訳アカデミーのHP(http://www.hello.ac/)で、無料で音声や動画をダウンロードすることができるのです!私もこれだけで一発合格できた優れもの。試験にチャレンジしなくてもためになること間違いないので一度覗いてみてはどうでしょうか?

●最後に
英検1級の合格者、TOEIC840点以上なら、一次の外国語試験が免除されます。民間の外交官目指して、頑張ってくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です