一カ月で TOEIC スコア200点アップを目指す in CEBU

フィリピン留学開始からちょうど一カ月目のTOEICで550→765点に上がった勉強法をご紹介します

 

・TOEIC 点数アップのためのスクール選び

 

フィリピン留学で多くの学校が売りにしているマンツーマンレッスンはTOEICの点数を上げるためにも、

とても魅力的です。

 

しかし、留学前にオンライン英会話レッスンを受講して感じたことは、

インプットが十分にできていないまま会話(アウトプット)しても根本的な上達にはならないということです。

 

ということで、私が選んだ学校はセブにあるサウスピーク。

 

https://souspeak.com/

 

 

・学習方法

 

ここはレベル別にカリキュラムが与えられ、テキストも全て指定されたものを使用します。

 

このカリキュラムというのは、出発前の日本での事前学習から組まれておりここで基本的な文法・単語などを勉強します。

 

留学開始後クラスは1日3~4クラス程。

 

ここで発音矯正などしっかり指導してもらえます。

 

残りの時間は全て自習になります。

 

実はこの自習時間が一番大切。

 

まずは『音読』です。流れは以下の通りです。

 

 

指定された記事音声をテキストを見ずにリスニング

 

もちろん聞き取れないので、今度はテキストの内容を理解しながら品詞分解

 

十分理解できたところで音声を止めながら一文ずつ音読

 

最後に何も見ずにリスニング→わからないところはテキスト復習

 

これをそれぞれ1記事につき5~10セット行います。

 

1日の学習時間は最低10時間です。

 

・留学を終えて

 

中級レベルで伸び悩んでいる人はやはり発音&リスニングです。

 

発音できるようになった音は自然と聞き取れるようになります。

 

リスニングがクリアできれば700点は突破できます。

 

最初は地味な音読という作業に、本当に効果が上がっているのか不安になりましたが、

 

信じて続けて本当に良かったと思います。

 

https://souspeak.com/

 

英会話ドットネット編集部

0

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です